アタマの中と世界を結ぶ 東山とっとりとりとめない記録鳥

人生五十年下天の内を比ぶれば、残り七年強。

『サイボーグ昆虫 フェロモンを追う』神崎 亮平  感想

最先端の研究を平易に解説してある本書のような本を各出版社が上手に出していってほしい。こういうところから、学問研究人口の裾野を広げていくことが、今後の社会のあり方に変化を生み出していくという考えをする人が増えていってほしい。高校生などに刺激…

唐詩に思ふ

詩は、一定の条件下でのみ成立するということに、歴史上唯一現代の人間のみが気付くことに成功した。全世界的なコミュニケーションツールを手にしてはじめて人は、ある時間空間の条件の中でのみ、われわれの精神のうえに生じる現象を詩と呼んでいたのだと知…

Blog名を「朝日新聞を読む」に変えようか?

移民政策ドイツの経験(140717朝日新聞オピニオン) 元ドイツ連邦議会議長リタ・ジュスムートさん …日本も人口対策から外国人技能実習制度を拡大する方針だ。だが政府は「移民は考えていない」という。 私たちが受け入れるのは単なる「労働力」ではない。家…

六ケ所村へ5年で10億円 東電・東北電 今年も「寄付」(朝日新聞記事140817)

東京電力と東北電力は、使用済み核燃料再処理関連施設が集中する青森県六ケ所村に対し、「漁業振興費」として近く計2億円を支払うことで村と合意した。支出は5年連続の計10億円で、今年が最後。福島第一原発事故後に両社は電気料金を値上げし、東電は実…

川内原発 秋にも再稼働 安倍政権、推進へ加速(140717朝日新聞記事)

規制委「新基準に適合」 事故の備え置き去り 規制委、見切り「合格」 「安全とは言わぬ」田中委員長 政権、反省より成長戦略 新基準1年 再稼働に先例 社説:原発再稼働を問う 無謀な回帰に反対する

関電、首相7人に年2000万円 72年から18年間献金(140728朝日新聞記事)

内藤千百里元副社長が証言 献金の理由は「一に電力の安泰。二に国家の繁栄」とし、「天下国家のために渡すカネで、具体的な目的があったわけではない。許認可権を握られている電力会社にとって権力に対する一つの立ち居振る舞いだった。漢方薬のように時間を…

溝上慎一『現代大学生論』(NHKBOOKS)

引用 じっくり考えれば恐ろしいことであるが、学生たちを教育するのは、学生たちの現代的な生き方のダイナミックスを自身が経験していないし、もっといえば、彼らの生き方のダイナミックスが自分たちといかに異なったものか考えることの少ない大学教職員であ…

「国土の均衡発展」転換 国交省の2050年構想 人口減に対応(朝日新聞記事140705)

国土交通省は4日、都市部から離れた農村・中山間地の住民について、生活に必要な機能を持つ全国5千拠点の周辺に集まって住むことを想定した2050年時点の目標をまとめた。人口減に対応し、狭い範囲に人を集めて病院やスーパーなどの施設がつぶれるのを防…

原子力規制委 次期委員の田中氏 日本原燃などから報酬(朝日新聞記事)

2014年7月5日(土) 原子力規制委 次期委員の田中氏 日本原燃などから報酬 原子力規制委員会の委員に9月に就任することが決まった田中知(さとる)東京大工学部教授(64)が、核燃料サイクルを担う「日本原燃」(青森県六ケ所村)と原発メーカーの…

大江健三郎『暴力に逆らって書く』スーザン・ソンタグとの往復書簡 引用

間違っていると知っていても、間違っていることをやってのける、人間のその能力にも私は驚いています。 アルゼンチンの海軍武官、アドルフォ・F・シリンゴ少佐についてお聞きになったことがありますか。七〇年代後半の軍事独裁政権がとらえた政治囚の多くを…

映画:ハンナ・アーレント

義務の遂行が良心に優先された。 義務とは何か。

「開成×灘式」思春期男子を伸ばすコツ から(バリエーション)

優秀というのは自分の裁量で創意工夫ができることであり、企画を自分なりのスタイルでもいいし、クライアントとの共同作業でもいいので、クリエイティブにつくっていけるような能力です。専門的な知識が多いというような意味の優秀さではありません。お仕着…

柄谷行人 (著)最新刊『帝国の構造: 中心・周辺・亜周辺』

第1章 ヘーゲルの転倒とは何か1 なぜヘーゲルの批判か2 マルクスによるへーゲル批判の盲点3 生産様式論の限界4 交換様式の導入5 社会構成体と交換様式6 前後の転倒7 未来からの回帰第2章 世界史における定住革命1 遊動的狩猟採集民2 定住の困難3…

カントの道徳法則(2)

汝の人格の中にも他のすべての人の人格の中にもある人間性を、汝がいつも同時に目的として用い、決して単に手段としてのみ用いない、というようなふうに行為せよ。(中央公論社『世界の名著39 カント』の『人倫の形而上学の基礎づけ』「道徳の原理を提示する…

カントの道徳法則(1)

「なんじの意志の格率がつねに同時に普遍的立法の原理として妥当するように行為せよ(Handle so, daß die Maxime deines Willens jederzeit zugleich als Prinzip einer allgemeinen Gesetzgebung gelten könne.)」

日本人の正解主義、辺境根性、お上意識

今、例えば友人や家族と話していて、自分たちが話す内容に、下手すりゃ、世界中で誰も気づいていないイノベーティヴな発想が含まれてるかもしれない、何か価値あるものが含まれているかもしれないなんて考えて、真剣に会話に取り組むことがあなた方にはあり…

プロフィール わたしです

なぜかつきまとって離れない遠藤周作の影・・・

遠藤周作『肉親再会』でした。そういえば高校三年生の時、学園祭のチーム演劇で遠藤周作の『女の一生 キクの場合』やったね。「やったね」って言うと、すぐに「やってない…じぶんは。」って気がする。なぜだろう。協調性がないと実際に体験した出来事も、何…

思い出のマーニー 面白いのか!?

『思い出のマーニー』ジョーン・G・ロビンソン。 読み聞かせ。(第8章)明日マーニーが登場する。

遠藤周作のすばらしさを知りたい!

遠藤周作『海と毒薬』(新潮文庫) 『白い人・黄色い人』や『沈黙』と比較して、印象薄い。ネタバレに耐えられない文体という印象が強い。 そういえば、センター試験に出ていた作品は、こころにさざ波を起こしたような…主人公(芸術の道で挫折し帰国して実業…